ロジェ・ガレについて

ロジェ・ガレの香りの3ステップ「フレグランス リチュアル」

ボディケアと合わせてフレグランスの
重ねづけをすることにより、
頭からつま先まで、洗練された独自の香りを生み出すことができるのです。
これこそが、
ラグジュアリーとエレガンス。

  • 1香りで
    洗う
  • 2香りで
    うるおす
  • 3香りを
    まとう

それまでになかった新しい香りの習慣を創業時から提案し続けています。

ステップ1 香りで洗う

シャワージェル

香り高い濃密な泡が全身を包み込む、
みずみずしい洗い上がりのシャワージェル。
肌にやさしい使い心地で洗浄後の
お肌はなめらか、しっとり。
使い続けるごとにお肌はより潤い、
よりクリアに。

ステップ2 香りでうるおす

ボディローション

贅沢な香りと潤いが長時間続く
ボディローション。
べたつかず、なめらかにのびる使い心地。
乾燥からお肌を守り、
やわらかく潤いにみちた肌に。
香りと潤いにみたされた肌は
フレグランスの香りを長持ちさせます。

ステップ3 香りをまとう

フレグランス

ナチュラルにさりげなく香る
ロジェ・ガレのフレグランス。
ボディケアと重ねて、3ステップで使うと、
香りに深みを感じられ、
フレグランスの香りが長持ちします。
全身を香りのヴェールで包みこまれるような
贅沢感を。

オーデコロン

ロジェ・ガレの創業からの象徴的な香り「オーデコロン ジャンマリファリナ」はアクアミラビリスから生まれました。この素敵なストーリーを見ていきましょう…

17世紀末にヨーロッパで考案された、アクアミラビリス(驚異の水)。
これはガーデン・オブ・シンプルズ(薬草園)やハーブ園で栽培された、18種類の植物を蒸留してつくられていました。アクアミラビリスは、服用することも、身体のどの部位にも使用することができ、ロジェ・ガレは様々な効用を持つオリジナルのフォーミュラを開発しました。
ジャンマリ・ファリナが開発したオーデコロンは、アクアミラビリスのオリジナルフォーミュラから生まれています。活き活きとするフレッシュシトラスのこの香りは、毎日の入浴習慣がまだなかった時代に身体の良い香りを維持するために使用されていました。

「ジャンマリファリナ」のオーデコロンをまとってみると、特別な感じがするかもしれません。多くのマニュファクチャーがこのオーデコロンの原点といえる香りを模倣しようとしましたが、誰も成功しませんでした。この画像でご覧いただいている、ジャンマリファリナのこの象徴的なボトルは、今でもハンドメイドでつくられ、フレッシュで洗練されたこの香りは、今日も人気の香りとして君臨しています。

蒸留

原料を熱し蒸気からエッセンスは抽出されます。各成分のエッセンスを抽出するために、液体(アルコール、ガス、純水など)と温度と圧力のバランスを適切に調整することが、今日の蒸留技術の神髄です。こうした特別な知識を用いて、ロジェ・ガレは自然由来成分を抽出しています。

ロジェ・ガレのフレグランス、ソープ、ビューティー製品には蒸留されたエッセンスを配合しています。各製品や香りの種類に適したエッセンスを使用しています。

パフュームソープ

ロジェ・ガレのパフューム ソープは、昔から変わらず美しく織り込まれたシルキーなペーパーで包まれ、ブランドのロゴでシールされています。スタイリッシュなケースに入ったこのソープは、植物由来の原料が使われており、様々なお肌のタイプの方にもお使いいただけるので、ギフトにもおすすめです。容量は100gで、約100回のシャワーでお使いいただくことができ、最後のひとかけらまで香りをお楽しみいただけます。

ロジェ・ガレのソープは昔から変わらず伝統のカルドロン製法でつくられています。これは1907年にソープマスターのマルクレン・マルセイユにより伝えられました。4ステップのカルドロン製法でつくられたソープは、なめらかなテクスチャーになり、最後のひとかけらまで至福の香りを楽しむことができるのです。

ロジェ・ガレのコミットメント

ナチュラリティ - それは、最大95%の自然由来成分を配合したロジェ・ガレの神髄です。ロジェ・ガレの商品には、蒸留した希少なエッセンスを配合しています。

ロジェ・ガレの香水のボトル容器には、最大25%の再生ガラスを使用しています。
ロジェ・ガレの包装資材について、FSC(森林管理協議会)認証を取得した紙を使用しています。

最大95%の自然由来成分を配合したロジェ・ガレのビューティー製品。至福の使い心地と喜びをおたのしみください。

150年以上の歴史

義理の兄弟という関係であったアルマン・ロジェとシャルル・ガレは、1862年にパフューマリー「ロジェ・ガレ」を誕生させました。この二人の起業人によって光の街パリの中心地にオープンしたロジェ・ガレは、長年のヘリテージから受けたインスピレーションを現在も持ち続けています。
パリのサントノレ通りにオープンしたロジェ・ガレの店舗は、ラグジュアリーなフランスのアパルトモンのような雰囲気で、実際に商品を体験し幸せなひと時を堪能できる空間でした。そうして「至福のブティック(La Boutique du Bonheur)」と呼ばれるようになり、VIPのお客様には、特別に車で配送も行っていました。

先駆者としてのロジェ・ガレ

ロジェ・ガレの「アヴァンギャルドな伝統」スタイル。ロジェ・ガレの革新的な発明やラグジュアリーな製品は、ユニークで特別なフレグランスやビューティー製品の世界観を生み出しました。

ロジェ・ガレは数百種類以上もの商品を開発しました。

  • 伝統的なカルドロン(大釜)製法でつくられた、香りが最後のひとかけらまで続く丸形ソープ
  • デンタルケア商品
  • アーモンドオイルを含んだ美容液やビネガー化粧水などのフェイスケア商品
  • メイクアップやカバーアップ商品
  • Tenaxと名付けられた世界で初めてのヘアジェルやヘアローション等のヘアケア商品
  • ローズの香りの軟膏等、リップバームの原型となるリップケア商品

王宮への公式サプライヤー

ロジェ・ガレは、150年以上もの間、ディテールにこだわり製品をお届けしてきました。こうした製品によって、ロジェ・ガレは多くの宮廷の公式サプライヤーとなったのでした。

「オーデコロン ジャンマリファリナ」を愛用していた王族で最も有名な人物の一人、ナポレオン1世。

ナポレオン1世は「オーデコロン ジャンマリファリナ」の大ファンでした。どこにでも持ち運びできるように、ブーツに差し込める形状の筒型瓶が特別につくられたほどです。

1809年
ナポレオン1世へのサプライヤー
1809年
ナポレオン1世の妹ポーリーヌ・ボナパルトへのサプライヤー
1814年
プロイセン王国へのサプライヤー
1826年
イギリス、ハノーヴァー朝の国王ジョージ4世への公式サプライヤー
1835年
オルレアン朝のフランス国王ルイ・フィリップへの公式サプライヤー
1840年
イギリスのヴィクトリア女王への公式サプライヤー
1841年
ベルギーのルイーズ女王(ルイ・フィリップ王の娘)への公式サプライヤー
1864年
ナポレオン3世へのサプライヤー
1864年
ヴィクトリア女王への特許証リニューアル
1936年
イギリスのジョージ6世への公式サプライヤー
2000年まで
イギリス エリザベス女王への公式サプライヤー

フレンチエレガンス

パリで発表した<art de vivre>により、ロジェ・ガレの名前は世界中に知れ渡ることとなりました。ロジェ・ガレの香水はフランス人のパフュームマスターたちが調香しています。ボトル容器も著名なフランス人のデザイナーたちがデザインし、パッケージはロジェ・ガレ オリジナルのイラストレーションを採用しています。
1923年、フランスのガラス工芸家 兼 宝飾デザイナーのルネ・ラリックとのコラボレーション<The Jade>。エキセントリックなその感性で高く評価されていたラリックは、世界中の芸術界や産業界のみならず、ヨーロッパの宮廷でも大流行を生み出しました。ラリックはロジェ・ガレのために、気品あふれる貴重なボトルをデザインしたのです。